抜け毛を倒そうフィンジアで

抜け毛に悩む方は年々増えていると言いますが、合わせて育毛剤を使っているという方も増えているようです。
中にはフィンジアを使用しているという方もいますが、抜け毛予防にフィンジアは役立つのでしょうか。
結論から言えばフィンジアで抜け毛を減らす効果は期待できます。
これはヘアサイクルを正常にしようとする働きがフィンジアの有効成分に含まれているためです。
髪の毛が自然と抜けるのはヘアサイクルを繰り返しているからです。


休止期、成長期、退行期を繰り返す髪の毛ですが、AGAの方や抜け毛、薄毛に悩む人は成長期が短く休止期が長いという特徴があります。
このサイクルを正常にすることで抜け毛予防にフィンジアが一役買う、ということになるのです。

ただフィンジアを使い始めて数週間後、抜け毛が増えたという人もいます。
実はこれは初期脱毛と呼ばれる症状で、誰でも起こりうるものです。
育毛剤のほとんどに見られる症状ですが、一時的に抜け毛が増えて3~6カ月で元に戻っていくと言われています。
なぜ初期脱毛が起こるのかというと、ヘアサイクルを正常化しようとするためです。
有効成分が血液中に取り込まれることで起こることですから、決して効果がない、逆効果だったということではありません。

初期脱毛が起こっている間は乱れたヘアサイクルが元に戻り、成長期と休止期のバランスを取ろうとしている証拠です。
毛母細胞に有効成分が働きかけ、今ある髪の毛ではなく、これから生えてこようとする髪の毛を太く丈夫なものにしようとしているのです。
ですからフィンジアを使い始めてしばらくすると一気に抜け毛が増えたと言っても心配はいりません。
もちろん半年以上症状が続くようなら医療機関を一度受診した方がいいでしょうが、3カ月ほどは様子を見ていいでしょう。
初期脱毛は大体1カ月ほどで起こり、2カ月後くらいには今まで見られなかった髪の毛が生えてくると言われています。
抜け毛が増えてもこれからいい髪の毛が生えてくると思って、前向きな気持ちでフィンジアを使い続けてみませんか。

生え際に使うならフィンジア?

生え際が後退して薄毛に気が付いた、という方も少なくありません。
頭頂部の抜け毛、薄毛よりも、生え際の薄毛や抜け毛の方が気づきやすいとも言います。
そんな時育毛剤を使用する方も多いかと思いますが、育毛剤は種類によって前髪が後退するM字型脱毛症、頭頂部が薄くなるO字型脱毛症いずれかにしか効かないというものがあります。
もちろん中には両方のタイプに適応するというのも見受けられます。
ではフィンジア生え際が後退するタイプの薄毛、抜け毛には効果があるのでしょうか

フィンジアの公式サイトを見てもその答えは書かれていません。
ですので実際にフィンジアをM字型脱毛症に使用したという方の体験談を見ると、AGA改善及び頭皮環境改善が可能なフィンジアなら生え際の後退も防ぐことができると期待できるということです。
つまりフィンジアは最新のスカルプケア成分を2種類配合し、男性型脱毛症の予防改善にいいとされています。
M字型脱毛症は男性型脱毛症、いわゆるAGAの典型的症状ですから、フィンジアを使用することで生え際の後退が予防改善できると大きく期待できるのです。

その理由こそ、脱毛を防ぐキャピキシル、血行を改善するセンブリエキスとビワ葉エキスにあります。
これらの成分が頭皮環境を改善し、抜け毛を防いでくれると言います。
さらにフィンジアには有効成分を頭皮全体に浸透させると言われているピディオキシジルが配合されていますので、より高い効果が期待できます。
ヒオウギエキスには5αリダクターゼによって男性ホルモンがDHTに変わるのを防いでくれると言われています。
ですからフィンジアは生え際の後退が気になるタイプの抜け毛、薄毛にも有効と言えるのです。
より効果を実感したいという方はシャンプーをした後にフィンジアを生え際に直接スプレーしてみてください。
フィンジアは気になる部分にダイレクトにスプレーすることができますので、液だれの心配もほとんどなく、スッキリと使うことができるでしょう。

フィンジアの成分はコレだ!

フィンジアには2つのスカルプケア成分が配合されています。


1つはキャピキシルで5%配合されています。
キャピキシルとはアカツメクサとアセチルテトラペプチド-3の合成成分です。
アカツメクサはシロツメクサの花を赤くしたような花で、イソフラボンを豊富に含んでいます。
イソフラボンは大豆に含まれている成分ですが、アカツメクサにも多く含まれており、女性ホルモン様作用を持っています。
薄毛、抜け毛の原因の大半は男性ホルモンが増えすぎるためと言われていますので、イソフラボンが男性ホルモンの過剰分泌に対抗してくれると考えられるのです。
アセチルテトラペプチド-3はアミノ酸が4つ連なった物質ですから、体にもともとあるものと考えるといいでしょう。

2つ目はピディオキシジルという最先端のスカルプ成分です。
副作用を最小限に抑え、合成成分が持つ副作用を感じる人が少なくなるようになっています。
また頭皮のコンディションを整えるための有効成分をしっかり届ける働きが期待され、育毛効果を実感することができると考えられます。
育毛剤と言うと副作用が懸念されやすいのですが、ピディオキシジルを使用することで安心して使用することができるのです。

またフィンジアは長年の研究と実績から、毛髪成分を10種類配合しています。
自然由来成分の和漢植物からなる10種類の毛髪成分の中には、頭皮の環境を整えたり、頭皮を柔らかくしたりする成分が詰まっています。
ほかの育毛剤でも見ることができるヒオウギやグリチルリチン酸ジカリウムを始め、パンテノールやセンブリ、ボタン、フユボダイジュに引き起こし、褐藻、キハダ樹皮を使用しています。
さらにカプサイシンが頭皮の有効成分を届けるためのゲートを解放し、有効成分が浸透しやすいよう手助けしてくれるというのです。
SPEテクノロジーにより頭皮のコンディションを整えるためのノウハウをそろえたフィンジアは、多くの方から支持を得ています。
抜け毛、薄毛に悩む方は一度フィンジアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

フィンジアの効果はどの年齢が最適?

育毛剤の常識を超える、というコンセプトで作られたフィンジアですが、効果を実感している人も少なくないようです。


フィンジアの効果が実感できる理由はカプサイシンで有効成分キャピキシルとピディオキシジルが浸透しやすいようゲートをオープンすることにあります。
トウガラシに含まれることでよく知られているカプサイシンには血行促進効果があり、頭皮や発毛に必要な栄養素や酸素が行きわたりやすくなると期待できます。
毛穴を開いて有効成分を受け入れる準備ができているということは、フィンジアの効果を十二分に発揮するということにつながるのではないでしょうか。

さらにフィンジアの二大成分、キャピキシルとピディオキシジルが抜け毛を抑え、発毛を促進してくれると考えられます。
どちらも育毛成分としてよく知られていますが、キャピキシルはイソフラボン豊富なアカツメクサとアミノ酸が4つ連なったアセチルテトラペプチド-3の融合成分です。
自然由来成分と、体にもともとある成分が組み合わさっていますので安全性は高く、次世代のケア成分としても注目を集めています。
ピディオキシジルは新スカルプ成分と言われており、合成成分で懸念される副作用を最小限にとどめることに成功したと言われています。
浸透力をアップし、頭皮の奥まで有効成分を届ける効果が期待できるのです。

もちろんフィンジアを使用したからと言って数日で効果が得られるものではありません。
最低でも3カ月は使用しなければ育毛剤の効果は感じられないと言われているからです。
ですからフィンジアをまずは3カ月続けて使用し、頭皮の状態を確認してみるといいでしょう。

どの年齢の人が一番効果が得られるかについてはフィンジアの効果は何歳が一番効くの? 20歳? 50歳?というサイトが非常に詳しかったので参考になりました。
人によっては3週間程度で産毛のような毛が見られるようになったという方もいるようです。


一時的な抜け毛は見られますが、ヘアサイクルを正常に戻そうとする働きですから心配することはありません。
初期脱毛が落ち着くころには、フィンジアの効果をあなたの頭皮で実感することができるでしょう。

そもそもフィンジアの口コミって信用していいの?

フィンジア口コミも多数投稿されています。
それだけ販売数やフィンジアを使用してみたという方が多いということですが、効果については実感している人、実感できない人に別れるようです。
個人差がありますので1カ月くらいで効果がうっすらと見え始めたという人もいれば、効果が表れるのに3カ月~半年かかったという人も見られます。
しかし効果がなかったという人の大半は使用方法が間違っていたり、続けて使用していなかったりということが目立ちます。
フィンジアの効果を引き出すためには使い方はもちろん、毎日続けて使うことが大切です。


薄毛や抜け毛の進行状況にもよりますが、抜け毛を抑える働きがフィンジアにはありますので、ヘアサイクルが正常になって来れば徐々に効果を実感することもできるでしょう。

また抜け毛が増えたという人もいますが、フィンジアを使用し始めてしばらくすると初期抜け毛が見られます。
これはフィンジアの有効成分がヘアサイクルを元に戻そうとしていることですから正常な反応と考えてください。
薄毛や抜け毛に悩む人に多いのは、髪の毛の成長期が短く休止期が長いということです。
つまり生えない期間が長いということですから、正常に戻すためには初期抜け毛があるのは仕方ないのです。
平均的に3カ月ほどで落ち着き、徐々に新しい髪の毛が生えてくると言います。

口コミでほかに目立つことと言えば使用感です。
一般的な育毛剤はべたべたする、頭皮につけたら顔や首筋に垂れてくるという人が多いようですが、フィンジアはスプレータイプなので液だれはないようです。
適量をスプレーすることができるのがポイントとなっているという口コミも多く見られます。
またカプサイシンが入っているせいか、スッキリとしたさわやかな使い心地、と表現する人も多く見られます。
育毛剤に見られがちなべたつきもなく、頭皮の奥に有効成分が浸透していく様子が分かるという人もいますので、フィンジアの口コミを参考に検討してみてはいかがでしょうか。

フィンジアの効果まとめてみた

抜け毛や薄毛に悩む方にとってスカルプケアは大切なポイントです。

現在ドラッグストアや薬局でも多くのスカルプケア用品を見ることができますが、従来のスカルプケアの枠を超えた効果的なケア用品と言われているのがフィンジアです。

フィンジアは有効成分ピディオキシジルをメーカーが推奨する濃度の限界まで配合し、新しいスカルプケアを提案しています。

詳しい配合濃度を見てみると、キャピキシル5%、ピディオキシジル2%、さらに様々なデータから有効と判断したカプサイシンを配合しています。

これこそ黄金比と考えたフィンジアは抜け毛、薄毛などに悩む人にとって救世主となるべく現れたのです。

フィンジア最大の特徴はスカルプ成分を2種類配合していることです。

その一つキャピキシルはアカツメクサとアセチルテトラペプチド-3の合成成分となっています。

男性型脱毛症の原因と言われる男性ホルモンの過剰分泌を抑えるとして、女性ホルモン様作用を持つイソフラボンが豊富なのがアカツメクサです。

さらにアセチルテトラペプチド-3は4種類のアミノ酸で構成されており、2つの成分が合体することで頭皮のコンディションを調整してくれると考えられます。

2つ目の成分がピディオキシジルですが、新しいスカルプ成分として今注目されています。

合成成分と言うとどうしても副作用が懸念されますが、ピディオキシジルは最小限まで副作用を抑え、頭皮のコンディショニング成分をしっかり届けると言います。

そしてフィンジアには血行を促進し、有効成分が頭皮全体に行きわたりやすい環境を作るためにカプサイシンを配合しています。

頭皮を柔らかくすることで毛穴を開き、キャピキシルとピディオキシジル2つの有効成分が浸透しやすい状態に導いてくれると期待できます。

辛いものを食べると汗が出る、ということは毛穴が開いている状態で、これこそ有効成分が浸透し、頭皮環境改善効果、育毛促進効果を発揮してくれると考えられるのです。

フィンジアの高評価、低評価

2種類の有効成分を高濃度配合し、スカルプケアの新常識を提案するフィンジア評価も高いようです。

もちろん評価を低くする人と高くする人と別れますが、具体的な評価は効果に見られます。

つまり効果を実感している人と実感できなかった人がいるということです。

効果を実感できなかった人の多くは1ヵ月以上使うことはなく、あるいは毎日続けて使うことがなかったようです。

もちろん個人差がありますので毎日使い続けても効果が見られなかった方もいます。

ただ効果があったという方の大半は3カ月以上使用してフィンジアの効果を評価しているようです。

ですからフィンジアの効果を確かめるためには、3カ月以上使い続けることが大切、と言えるでしょう。

使用感に対する評価も挙げられていますが、ほとんどの方が使用感はいいと言います。

スプレータイプなので適量を頭皮につけることができ、液だれの心配がない、という声が多く見られます。

また爽快感が得られ、スッキリ、爽やかになると言った評価も多いようです。

カプサイシンが配合されていますので、べたつかず、スッキリとした使用感を覚える方が多いのでしょう。

唯一不快という評価があるとしたら、アルコール臭を感じる人がいるということかもしれません。

また価格もほかのスカルプケア用品に比べて安く、買い続けやすいという人が多く見られます。

スカルプケア用品の中には1ヵ月あるいは1か月も使うことができない量で数万円というものも珍しくありません。

しかしフィンジアは1本あれば大体1ヵ月使うことができますし、一般的なスカルプケア用品より安価という評価が多く見られます。

フィンジアはこのように、効果の感じ方は人それぞれですが、使用感がよく、頭皮に浸透していく感じがしっかり分かるという評価が得られています。

有効成分が浸透していく様子が感じられるので効果への期待も高まっているようです。

頭皮環境を改善したい方、薄毛や抜け毛に悩む方は一度フィンジアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

フィンジアが女性向けでもある不思議

今薄毛や抜け毛に悩むのは男性だけではありません、女性も同じです。

女性の社会進出が大きくなるとともに女性も社会的責任が増え、ストレスに悩まされる女性は増えてきました。

そうした中で女性の男性型脱毛症のような症状が見られるようになったのです。

現在女性のための育毛剤、養毛剤も多く販売されていますが、フィンジアは女性が使用してもいいのでしょうか。

結論から言うと女性が使用しても構わないようです。

 

女性の抜け毛の原因にもよりますが、男性ホルモンの分泌量が増えたことによる抜け毛や薄毛なら効果が期待できます。

普段女性の体は女性ホルモンによって支配されていますが、全く男性ホルモンが分泌されていないわけではありません。

この男性ホルモンが何らかの理由で増えてしまうと女性ホルモンの髪の毛を守る働きが弱まり、薄毛や抜け毛につながるというのです。

例えば加齢、更年期、ストレスなどがその原因として考えられます。

特にストレスによって分泌される抗ストレスホルモンは男性ホルモンの一種ですから、薄毛や抜け毛につながりやすくなるというのです。

フィンジアには女性ホルモン作用を持つイソフラボンを豊富に含むアカツメクサとヒオウギが含まれています。

特にヒオウギは女性ホルモンにより近いアグリコン型ですから、吸収が早いと言われているのです。

また抜け毛につながる5αリダクターゼ酵素の生成を阻む働きもあるというので、女性が使用してもフィンジアは一定の効果が期待できると言えます。

またフィンジアにはミノキシジルなどの成分が含まれていませんので、女性が使用してもいいと言われています。

男性用育毛剤の中には女性が使用すると胎児の奇形の確率が上がるものもありますので、フィンジアを使用してみたいけれど不安、という方はまず医師に相談してみましょう。

安全に正しく使用するためにも、専門家の意見を取り入れることは有効と言えます。

薄毛や抜け毛に悩んでいる女性の方は、フィンジアについて一度チェックしてみませんか。

フィンジアは効果なし!? 真実を語る

フィンジアを使ってみたけれど効果なしだった、という残念な結果に終わった方もいます。

もちろん効果には個人差がありますので、効果がある方もいればない方がいるのも仕方ないでしょう。

ただ、効果なしと決めつける前に使用方法が正しいか今一度チェックしてみませんか。

フィンジアの効果を引き出すためにはまず髪の毛を溶かし、汚れを落として頭皮を洗う準備を行います。

このとき髪の毛を引っ張って頭皮を傷つけないように気を付けてください。

それから髪の毛を洗いますが、最初からいきなりシャンプーを付けるのではなく、予洗いをしてブラッシングでは落とせなかった汚れをある程度落とします。

それからシャンプーを付けますが、爪を立てずに指の腹で洗いましょう。

頭皮を洗ったらシャンプーをしっかり洗い流し、毛穴に詰まらないようにします。

タオルドライで髪の毛を乾かしたらフィンジアを頭皮にスプレーします。

特に薄毛や抜け毛が気になる部分は集中的につけるようにするといいようです。

あとはマッサージをして髪の毛を乾かせば完了です。

使い方を間違えなければフィンジアの有効成分がより頭皮に浸透しやすくなると考えられます。

それからフィンジアで効果なしという人の多くが長く使用していないようです。

効果があったという人の多くは3カ月以上使用しており、半年以上かけて効果を感じられたという人が多く見られます。

ですからフィンジアの効果を数日~1ヵ月で求めるのではなく、3カ月以上使用してみるのがおすすめです。

ただ有効成分の中には頭皮を柔らかくする成分がありますので、頭皮の状態改善効果であれば数週間~1ヵ月ほどで感じられるという方が多いようです。

フィンジアは髪の毛のサイクルに合わせて効果が出ると言われていますので、毎日使い続けるよう意識してみてはいかがでしょうか。

ただしつけすぎると毛穴つまりを起こす原因となりますので注意してください。

フィンジアで効果なしと感じている方は、今一度使用方法を確認してみましょう。

フィンジアの副作用を徹底解明!

フィンジアがどれだけ評価が高く、一般的な育毛剤と違うと言っても、副作用が気になる方もいるでしょう。

今まで別の育毛剤で副作用があった方、肌が弱い方は特に懸念する問題ですが、基本的にフィンジアは副作用が少ないと言われています。

育毛剤で副作用が起こるのは、合成成分を使用しているという理由が多いようです。

合成成分や化学成分を使用している場合、肌が弱い方や合わない方は肌荒れやかゆみ、フケなどの副作用が起こることがあります。

ところがフィンジアに使用されているピディオキシジルは副作用を最小限に抑えた処方となっています。

そのため有効成分を肌の奥に届け、働かせるという効果が期待できるのです。

フィンジアの全成分を見てみても、エタノールが含まれているので一見副作用があるのでは、と思う方もいるようですが、消毒作用がある成分ですから問題ないようです。

ほかの成分はキャピキシルとピディオキシジルをメインとして、和漢成分12種類を配合しています。

キャピキシルは修復機能に優れたアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサの合成物質です。

アセチルテトラペプチド-3の構成成分はアミノ酸で、人の体にもともとある成分です。

アカツメクサはイソフラボン豊富な植物として知られていますので、問題なく使用することができるでしょう。

配合されている和漢成分はすべて自然由来のものですから化学物質ではありません。

全成分を挙げると褐藻、グリチルリチン酸2K、ヒオウギ、キハダ樹皮にヒキオコシ、フユボダイジュ花、ビワ葉、センブリ、パンテノールにボタンです。

グリチルリチン酸2Kは保湿化粧品に使われている成分ですから安全性は高いと言えます。

また血行を促進し、頭皮に有効成分が浸透するためのゲートを開けるためにカプサイシンが使用されています。

カプサイシンは唐辛子に含まれる成分ですから、安心して使うことができるのではないでしょうか。

もちろん個人差がありますので、副作用があるという方も中に入るようです。

不安な方はパッチテストをしてから使用してみてはいかがでしょうか。